ハンコとはどういうもの?

ハンコとは一体どういうもの?どんなときに必要になるの? - 実印とはどのようなものなのか

実印とはどのようなものなのか

良く、大切な書類に捺印をする時に使用されるのが実印です。
実印と言っても見た目はちょっと立派な印鑑のような印象を受けるだけのものが多いように思いますが、実際のところ、実印とはどのようなものなのでしょうか。
実印とは住民登録をしている市区町村の役場や役所に、自分自身の姓名を刻印した印鑑を実印として登録申請し、受理されたものの事を言います。
この場合は個人の実印の場合で、会社の実印については手続きが別となります。
実印にはさまざまな種類がありますが、個人の場合の実印は、例えどのような形状をしていても市区町村に登録申請していなければ実印としての効力が発揮されません。
必ず市区町村に登録申請し、受理されたものでなければなりません。
実印は印鑑の中でも最も重要な印鑑で、法律上や社会上の権利や、義務に深く関わる書類などに捺印するものです。
実印を捺印することにより、こうした権利や義務が発生するため、非常に重要なものだと言えます。
そのため、安易な使用は避けるべきであり、保管についても大切に保管しなければならない印鑑となります。
1jhfhd
実印を捺印するような用途としては、公正証書の作成や、金銭などの賃借証書、契約書、不動産の取り引き、官公庁での諸手続き、自動車や電話などの手続き、保険金や補償金などの受領などに使用されます。
実印に彫刻する名前は、姓名を彫刻するという決まりはありません。
名字だけでも良いのですが、姓名を彫刻する方が安全だと言えます。
同じ名字はたくさんありますし、同じ名字の印鑑も存在するからです。
出来るだけ姓名を彫刻された印鑑を実印登録する事がお勧めです。
このように実印とは印鑑の中でも最も重要な役割を果たす印鑑であり、安易な扱いをするものではない印鑑だと言えます。
出来れば、金銭を扱う銀行印とも区別をつけて、使用することが望ましいでしょう。
また、安易な使用を避けるためにも、認印として使用することなどは絶対に避けるようにした方が良いと思います。
ひと口実印と言うと、個人の実印のことを思い浮かべると思いますが、実印には会社の実印と言うものがあります。
会社の実印は別名を、代表者印とも言い、個人の実印同様に、会社にとって非常に重要な役割を果たすものです。
では会社の実印は、どのようにしたら作る事が出来るのでしょうか。
会社の実印を作るには、個人の場合とは違い、会社の本店や本社がある所在地の法務局へ届け出る必要があります。
1ghxfdz
個人の実印の場合に比べて、登録に関して規定がない為に、どのような印鑑でも登録する事が出来ると言われています。
どのような印鑑でも登録する事が出来ると言っても、会社の社運を左右する重大な契約等に使用するものなので、比較的、複雑で重厚感のあるものが好まれているようです。
印面に関しては、社名と代表者印と表示されるように彫刻する事が一般的で、その形状は丸型のものもあれば、四角い角型の印鑑もあります。
書体に関しては個人の場合同様に、篆書体が多く用いられているようですが、中には、吉相体、篆書・古印体を用いる事も多いそうです。
また近年では会社名がカタカナやアルファベットであることも多くなりました。
その為、カタカナやアルファベットでの実印を作る会社も多くなっているそうです。
一見、漢字の実印に比べて、重みが軽くなるような印象を受けますが、しっかりと法務局で実印登録することにより、その効果は同じになりますので、軽視は禁物だと思います。
サイズに関しては比較的大きめなものが多く、18ミリ前後のものが主流となっているようです。
大切な会社の実印ですので、大きめなものを選ぶ傾向が強いと言えるでしょう。
このように実印には、個人の実印ばかりでなく、会社の実印も存在します。
会社の実印は個人の物よりも、より一層責任が重く、重大な役割を果たすものなので、会社の実印を作る際には、さまざまなデザインを考えると良いと思います。
また素材にもこだわり、重厚感のあるチタンなどを使用する傾向が多くなっているそうです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

2015/08/03

実印とはどのようなものなのかの情報を更新しました。
2015/08/03

実印に適している書体とはの情報を更新しました。
2015/08/03

印材としての琥珀は魅力たっぷりの情報を更新しました。
2015/08/03

女性が実印を作る場合にはどのような印鑑が良いのかの情報を更新しました。
2015/08/03

実印のサイズの変化とはの情報を更新しました。

アーカイブ